帝王賞『右回りで買いたかったんです!』

日曜日は何とか4万超えの馬券も的中でき、大きく勝てました。上位人気を切って8番人気や12番人気(4着)を絞って相手に買えたことは自負しています。

相手が抜けることも多く、頭を抱えることもありますし、予想が外れることも多いですが、当たっても納得できる予想、長い目で見て勝てる予想を目指していきます。

 

大井11R  帝王賞

◎インティ 自信度★★★☆☆

○オメガパフューム

▲チュウワウィザード

直前でのゴールドドリーム、ルヴァンスレーヴ の回避で購買意欲は落ちてしまったが、フェブラリーSの走りを見てからインティを帝王賞で買うのは決めていた。

インティは走法的に左回りが苦手。フェブラリーSは展開利こそあったものの手前を変えずに勝っているのだから完勝と言っていい内容。右にモタれているにもかかわらず武豊騎手が最後まで左ムチを打っていたのもその為だろう。

前走のかしわ記念は左回りで手前を変えていなかったし、田辺騎手の早仕掛けに巻き込まれてしまったことが痛恨だった。そもそもインティの春の大目標は帝王賞かしわ記念は使わなくても良いレースだった。

前に行くスーパーステシャン、オールブラッシュが厄介な存在になりそうだが、右回りのパフォーマンスを信じたい。

相手は右回りでパフォーマンスを跳ね上がるオメガパフューム、地方の馬場でパフォーマンスあげるチュウワウィザードで問題なさそう。

相手も人気なので儲けるのは難しい。馬券に単勝3連単1着固定流しか。

エプソムC『連対必須』

土曜の予想は完全な空振り。呼吸するサンドバックになっていました。

 

多摩川Sは....... 

 

f:id:hane_keiba:20190608175838j:image

 

ファストアプローチ1着 単勝5860円
トライン3着

 

ワイド9030円

 

相手決着。゚(゚´Д`゚)゚。

 

◎ペルソナラテは12番人気6着ですが、敗因はインが伸びなかったことです。

......タラレバはやめて本日の予想に入りましょう。
不甲斐ない予想失礼しました。

 

 

東京11R エプソムC
◎ミッキースワロー 自信度★★☆☆☆
△プロディガルサン
ステイゴールド産駒4頭
当欄のお手馬になりつつあるミッキースワロー。東京コースがベストとは思わないし、連戦が苦手なのは事実だが、能力は抜けている。
前走の新潟大賞典は2着も勝ち馬メールドグラースとは3.5kgの斤量差があったし、通った馬場差もあったことが敗因。
勝ち馬メールドグラースは次走 鳴尾記念も快勝、4着馬ルックトゥワイスは目黒記念を勝っているように新潟大賞典のレベルは高かった。
昨年まであった降級制度の影響で収得賞金が少なく、このままではGIに出走することすら怪しい。そもそも昨年の有馬記念もファン投票上位のオジュウチョウサンに次ぐ2番目に収得賞金が少なかった馬。だから重賞で2着までに入って賞金加算をしなければならないし、加算のための連戦。
ここを勝って夏休みを迎えたい。秋にこの馬で大勝負をすることがあると思うが血統的なアプローチはそこでする。
馬券は単勝馬連流し。
(道悪は苦手なので稍重なら見学)

 

阪神11R マーメイドS
本命馬なし
重馬場ならレッドランディーニを買いたかったが、馬場の回復が早く難解のためなしにする。

 

 

阪神10R 安芸S
◎エアアルマス 自信度★★☆☆☆
今までずっと芝を使われていたが、父マジェスティックウォリアー(代表産駒ベストウォーリア)で母父エンパイアメーカーの完全なダート血統。
そもそもこの血統で芝に対応していたことが異常(阪神11Rのランドネも同様)。
初ダートで1番人気は罠のように思えるが、この馬でよかろう。
相手は5,7,8

 

 

阪神8R 3歳以上1勝クラス
◎カヌメラビーチ 自信度★★☆☆☆
先週と土曜の競馬を見て思ったことは降級制度がなくなった影響で1勝馬クラスは3歳馬が圧倒的に有利ということ。土曜の1勝クラスは7レースあったが、1着は3歳5頭、2着は3歳6頭、3着は3歳5頭と3歳馬BOXを買えば大体当たっていた。
1勝クラスで停滞している古馬よりも、将来性のある3歳馬と戦ってきた3歳ならば後者の方が強いからだろう。ましてや、斤量のハンデがつくのでさらにその傾向が顕著ということか。
ヌメラビーチの2走前は阪神マイネルフラップ、マイネルウィルトス相手に3着なのだからこのクラスにいる馬ではない。
前走はデムーロの全く追わない怠惰騎乗。そのおかげで人気が少し煙幕になっている。
他の3歳馬も4頭ともダート血統なので怖くはない。
相手は2,4,5,6,9
ちなみに他の1勝馬クラスの3歳馬もオススメ。

 

阪神6R 3歳未勝利
◎ノーブルワークス 自信度★☆☆☆☆
ダート新馬戦で1番人気に支持されるも9着。父ワークフォース×母父ディープインパクトが示すように芝血統。初芝に期待する。

 

 

東京5R 2歳新馬
◎ワーケア 自信度★☆☆☆☆
今年のPOGでかなり高い評価をされているブルトガング(グランアレグリアの全弟)と同じ厩舎で双璧と言われているのがワーケア。
半姉ダノングレースは3勝をあげているし、手塚厩舎×落合オーナーの組み合わせはマウレアと同じ組み合わせで期待は高そう。
母チェリーコレクトという点が気に入らずPOG指名はしなかったが、それなりの走ってくるのではないか。
ちなみに馬券は買おうとは思わないのが本音。

多摩川S『重賞のない平和な1日』

先週はモズアスコットの予想で失礼しました。○インディチャンプ▲アエロリット△2アーモンドアイの完全な縦目の決着。
相手関係も馬場読みもできていただけに悔しい思いもありますが、本命と相手本線で決まる完璧な予想を目指していきます。

 

 

東京11R 多摩川S
◎ペルソナリテ 自信度★☆☆☆☆
4走前のクリスマスキャロル賞で道悪の外差し馬場を内から伸びて2馬身半差の勝利をしたペルソナリテ。あのレースを見たときから道悪で買いたいと思っていた。そのレースの2着馬オールザゴーは1600万下を勝っているし、決して低いレベルではない。
相手筆頭は勝つ時は高いパフォーマンスで勝利をするが、負ける時は惨敗するトライン。道悪適性、輸送がどうかもレースの内容からも将来は重賞を取れる器。
他には近親に道悪でパフォーマンスをあげたサトノクラウンがいるファストアプローチ。
馬券は単複と馬連流し(トライン本線)で組む。

 

 

阪神11R 天保山S
◉サヴィ 自信度★★★☆☆
この馬の好走条件は砂を被らない外枠or道悪馬場。
重馬場以上の道悪ならば、【3-0-0-0】で4走前は今回と同舞台で3馬身半差の楽勝をしている。
相手は2,4,3,1,9,8で単勝馬連流し、3連単1着固定流し。

 

 

東京12R 3歳以上1勝クラス
◎アシャカマキシン 自信度★★☆☆☆
新馬戦の勝ち馬ジャパンスウェプトはダート2勝、3着ナスノダケもダートを2勝しているようにレベルは高かった。
2着アシャカマキシンもこのクラスは通過点。
相手はニシノコトダマで単勝馬連

 

 

阪神10R 舞子特別
◎ローゼンクリーガー 自信度★★☆☆☆
戦ってきた相手がプールヴィル、アウィルアウェイ、ダノンファンタジー、ハッピーアワーと強かった。
2勝クラスでこの斤量なら。
単勝

 

 

阪神6R 3歳未勝利
カタールパール 自信度★☆☆☆☆
ダートの新馬戦を使ったが、1番人気ながらぶっちぎりのビリ。稽古は動いているように能力はあると思うし、動いているから1番人気に支持された。
血統からも芝でこそ。芝変わりで一変に期待する。

 

 

阪神5R 2歳新馬
◎ロードクラージュ 自信度★★☆☆☆
母レディルージュ、父ロードカナロアともに安田隆行調教師が管理した馬。
ロードカナロア産駒×安田調教師の組み合わせはダノンスマッシュやケイデンスコールのように当たりが多い。この馬が当たりかはわからないが、このような馬をPOG一口馬主で狙っていけば競馬がより楽しくなるはず。

 

 

6/2プチ推奨馬

 

阪神8R
◎セグレドスペリオル
母父ネオユニヴァースは総じて優秀。
有名どころではルヴァンスレーヴ、アエロリット、コズミックフォースなど。
土曜は母父ネオユニヴァースのクロスパールやウラノメトリアを的中することができた。
セグレドスペリオルが今まで戦ってきた相手はミッキーブリランテやブレイブメジャー、マイネルウィルトス、エメラルファイト、サートゥルナーリア、グランアレグリアと強敵ばかり。
今の阪神は差しが決まる馬場であるし、このクラスなら戦える。
相手は4.18.17.5

安田記念『あの走りは本物だった!』

競馬で大きく勝つ方法はなんだろうか。
それは穴馬で勝負すること。
穴馬から勝負するのに必要なことは人気馬には減点をして、穴馬には加点をすること。そうすることによって、人気馬と穴馬を対等に評価できる。
人気馬にはそれなりのレートで勝負できるが、穴馬になるとレートを落とす方がいるが、それでは大きな馬券は取れない。
信じるかは読者次第だが、筆者はこの春ケイデンスコールをレートを落とさずに買ったし、昨年の冬にダート500万下で中穴馬に単勝100万円を入れて3番人気にしたことがある(平場で大口勝負はオススメしませんw)。
本日の予想は穴馬が本命ですが、それなりの自信もありますし、長い予想になります。
安田記念1本の推奨になりますが、何かの参考になればと思います。

 

根拠・論拠のある予想をしています。

推奨馬に自信度をつけています。

(自信度と的中率・回収率が一概に比例するとは言えませんがある程度の参考にしていただければと思います)

★★★★★筆者渾身の大予想

★★★★☆かなり自信のある予想

★★★☆☆自信のある予想

★★☆☆☆それなりに自信のある予想

★☆☆☆☆少し自信のある予想

 

東京11R 安田記念
◎モズアスコット自信度★★★☆☆
○インディチャンプ
▲アエロリット
△ダノンプレミアム
△アーモンドアイ 
スマートオーディン
△ケイアイノーテック
△フィアーノロマーノ、ステルヴィオペルシアンナイト、ロジクライ、サングレーザー
安田記念は特殊なレース。牡馬は58kg(牝馬は56kg)を背負わなければならない。
またモーリスやロゴタイプグランプリボスショウナンマイティアサクサデンエンのようにリピーターも多い。そしてサドラーズウェルズの血が強く、父系サドラーズウェルズではアサクサデンエンロゴタイプ、モズアスコット母父サドラーズウェルズ系ではモーリスとこの血を持つ馬が4年連続連対している。
さらに高速化した東京競馬場のスピードに対応するために1400m以下での勝ち星が重要になる。過去4年、馬券に絡んだのべ12頭のうちスワーヴリチャード以外の11頭が1400m以下での勝ち星があった(5年前は不良馬場のためスピードは関係なかった)。過去10年の勝ち馬でもウオッカジャスタウェイ(不良馬場)以外の8頭が1400m以下で勝ち星あり。
これらからリピーターかつサドラーズウェルズ系のモズアスコットを今年も買う。昨年の勝利はフロックと言われているが決してフロックではない。なぜ好走したかを考えずフロックで片付けていては世の中に流されるだけになってしまう。
競争馬は普通、右回りではコーナーを右手前で走り、直線を左手前で走る。左回りではコーナーを左手前で走り直線右手前で走る。
モズアスコットは左手前で走るのが苦手。直線左手前で走る右回りで弾けないのはそのため。だから右回りはただ人気して飛ぶカモに過ぎない(ちなみにケイデンスコールもそう)。
しかし、得意な左回りは3戦3勝。昨年の安田記念は厳しい連闘策と向こう正面でブレーキをかける不利がありながら1着。あの厳しい状態で安田記念を制覇しているのだから素直に評価していい。今年のローテーションは賞金不安があった昨年より全然楽。
ただ少し気になるのはフランケル産駒ということ。フランケル産駒は総じて早熟でソウルスターリングミスエルテは枯れてしまっている。もしかするとモズアスコットも枯れている可能性もあるが、最終追い切りでは重の栗東坂路で4ハロン49.6秒(ラスト1ハロン11.7秒)の自己ベスト。早熟が気になる点は自己ベスト更新と同レースと相性の良いサドラーズウェルズ系ということで相殺で良いだろう。
相手上位はインディチャンプとアエロリット。
インディチャンプはトキオリアリティーの牝系で安田記念勝ち馬リアルインパクト、東京5勝馬アリスタNHKマイル3着馬アイルラヴァゲイン、京王杯2歳S2着馬アウィルアウェイ、東京3勝馬ネオリアリズムを輩出している東京に強い血統。走法からもの左回りの方が良く左回りは2戦2勝。前走は右回りとスローで折り合えなかっただけで度外視していい。
アエロリットは昨年の2着馬でリピーター。昨年は落鉄していたという話もあり、それがなければ勝っていたはず。
アーモンドアイは海外帰りで割引。ドバイから6月国内GIのローテーションではジェンティルドンナドゥラメンテといった名馬でも敗れているようにかなり厳しいローテーション。1400mの勝ち星もないし、レース後に熱中症の症状が出ることから暑さには弱い。アーモンドアイが唯一破れたのは8月ということを思い出したい。
ダノンプレミアムは1400mの経験がなく前走がドスローの展開ドンピシャ。さらにマイラーズC勝ち馬は【0-0-0-7】(京都に代わってからの7年間)と相性の悪いステップレース。
土曜の東京競馬場は先週に続いてインが伸びて外が伸びない馬場。人気の外枠2頭が絶対能力で跳ね除けてもおかしくはないが内枠のインディチャンプとアエロリットを評価する。
モズアスコットも同様にインを通れるか。大外ぶんまわしなら厳しいものがあるが、内を捌ければ頭まで見えてくる。そこは坂井流星の腕に期待したい。
馬券は単勝複勝
馬連流し、三連複だが、前日販売で金額を分けて買ったので写真を載せよう。

 

f:id:hane_keiba:20190601201939j:image

 

f:id:hane_keiba:20190601202036j:image

 

f:id:hane_keiba:20190601202052j:image

パクリ疑惑!

少し残念なお話がある。

確信している事実があるのでそれについて触れたい。

 

ツイッターで拝見した有料予想を売っているおじさん?お姉さん?なのだが、完全に私の予想とオトナノジジョウをパクっているというもの。

(*その人のためにも本人の名前とIDは隠しておく)

 

f:id:hane_keiba:20190531234657j:image

 

こんなツイートが流れて来た。

予想を見てみると私の予想と非常に似ていた。

 

f:id:hane_keiba:20190531234804j:image

 

↑予想の中身はこれ。

 

ちなみに私の予想は

 

東京9R 薫風S
◎レピアーウィット 自信度★★★☆☆
東京ダートはやたらインが伸びる馬場でインを通れる内枠か先行馬を狙う。
レピアーウィットは前走の走りが圧巻。1000万下ながら、同日のOPマイネルユキツバキよりも厳しいラップで早い走破時計を記録。今までは内枠で砂を被って凡走をしていたが、外枠で砂を被らなかったことが勝因。
今回は6枠とグレーな枠だが、ゲートをしっかり出て砂を被らなければまず負けない
砂をかぶれば馬券はただの紙切れになるが、砂さえ被らなければ......大楽勝。
相手は4,3,8,11で頭固定の馬単を組む。

*以後、赤字は似ているニュアンス、似ている言葉。

 

圧巻という言葉は私が時々使う言葉だったし、相手も非常に近かった。

 

まあ、これくらいは被ることはあるだろうと思っていたが、ダービーの予想を見て疑惑に変わった。

 

f:id:hane_keiba:20190531235952j:image

 

これがその人のダービーの予想だ。

 

ちなみに私の印は

東京11R 東京優駿
◎ダノンキングリー 自信度★★☆☆☆
○サートゥルナーリア
▲ヴェロックス
△シュヴァルツリーゼ
△リオンリオン
△クラージュゲリエ
△ロジャーバローズ
マイネルサーパス

 

赤字の馬が被った馬だ。

あれ?向こうは私の予想を削っただけ?

 

気になったのでさきたま杯で少し揺さぶってみた。

 

f:id:hane_keiba:20190601003807p:image

 

 

f:id:hane_keiba:20190601004026p:image

 

見事に釣れたwwww

印打っといて◎単複w

しかも、オリジナルよりいいね得るな!

 

ツイートを全部拝見させていただいたが、多くのパクリがあったので紹介する。

(パクリが多すぎて全部は載せられないので、一部抜粋)

 

 

f:id:hane_keiba:20190601005749j:image

f:id:hane_keiba:20190601010223j:image

 

 

私の予想

東京9R 立夏S
◎マジカルスペル 自信度★★☆☆☆
名古屋城Sを除外されて渋々鳴門Sを使ったが、1400mで適性を出せなかった。
今回の立夏Sは1年前に7馬身圧勝したレース。その時の2着馬アナザートゥルースは重賞を制覇しているし、良馬場ながら走破時計は1:35.4。それは今年のフェブラリーS1:35.6よりも早く、昨年のフェブラリーS1:36.8よりも早い。
ルメール京都新聞杯ではなく、東京にいるのは11Rのルヴォルグのためではなくこちらのためではないか?
相手は9ショームを筆頭に6.15.13.1.14.12.7.10
単勝と、9との馬連、3連複2頭軸流しで組む。

オトナノジジョウの予想

9R◎8マジカルスペル この舞台で去年後の重賞馬アナザートゥルースを7馬身ちぎる快勝。勝ち時計は今年のフェブラリーステークスよりも0.2秒早く、インティと戦ってもこの舞台なら好勝負できる馬だと思っている。鞍上はルメールに戻り人気は確実にするだろうが4倍を超えるオッズならば勝負する。

パクってるな…というよりオトナノジジョウ君とシンクロしすぎw

 

f:id:hane_keiba:20190601010508j:image

 

f:id:hane_keiba:20190601010545j:image

 

私の予想

京都6R 3歳500万下
◎イメル 自信度★★☆☆☆
昇竜S先行馬を狙おう!の考え方。
昇竜Sは後方からの差し馬で決着したレースだったように先行馬にとって厳しい展開だった。
先週の端午S
1着ヴァニラアイス⑥−⑥(昇竜Sの3,4コーナーの通過順位)
2着ケイアイターコイズ①ー①
3着モルペンデュ④ー③
だったように先行馬はしっかり巻き返している。
イメルはハイレベルのヒヤシンスSも5着だったようにここでは能力上位。
人気になりすぎなければ単複を買う。

オトナノジジョウの予想

6R☆15ヨハン 前走、二走前は全く競馬になっていない。三走前は外差しの流れの中前でロマンティコやラインカリーナに負けず一着と0.6秒差の三着と善戦している。能力はあるので後はスタートさえ決まれば。相手は実績上位のイメルで。

オトナノジジョウさん。さすがです👏

 

f:id:hane_keiba:20190601014358p:image

 

f:id:hane_keiba:20190601014410p:image

 

私の予想は

東京5R 3歳未勝利
カンパーニャ 自信度★★☆☆☆
新馬戦は圧倒的イン有利な馬場を外差し3着(2着は500万下も通用)
続く未勝利戦はカレンブーケドール(クイーンC4着)、シングフォーユー(未勝利戦楽勝)に続く3着(4.5.8着は勝ち上がり)
その次は惜しくも2着(3着は勝ち上がり)
そして、1番人気に支持された前走は詰まって10着(1〜4着が勝ち上がったようにハイレベル)。
今までは運がなかった。東京開催まで待ってリフレッシュしたカンパーニャを買いたい。
相手は4.12.6.8。馬券は単複と3連単1着固定流し12通り。

(お手馬として使用。6/1の予想でも推奨している)

 

他にもたくさんあったが、それはツイッターを見ればわかる。

 

気になったので、

先週の土曜日の予想を購入した。

すると、

ゆりかの本命は

東京5R◎ナランフレグ(羽◎オトナ◎)

東京10R◎エイシンルカーノ(オトナ◎)

東京11R◎ダノンフェイス(オトナ◎)

東京12R◎レッドアトゥ(羽◎)

京都10R◎ルタンデュボヌール(羽◎)

京都11R◎メイショウケイメイ(羽◎)

だった…

 

これは流石に確信犯。

 

 

ということで…

オトナノジジョウ君と結託して"とあること"を試してみた!!

 

 

羽、オトナノジジョウ

本命◎被った時、ゆりか確実にパクってくる説。

 

 

今回、被らせた本命は

阪神3R ◎ウラノメトリア

東京11R ◎クラシックメタル

 

ゆりかの予想は…

 

f:id:hane_keiba:20190601022610j:image

 

はい…

ゆりか

阪神3R◎ウラノメトリア

東京11R◎クラシックメタル

(予想購入させていただきました)

 

残念なことに説は立証されたしまった。

 

他でも

阪神3R◎ウラノメトリア(羽◎オトナ◎)

阪神11R◎タニノフランケル(羽◎)

阪神12R◎フローリン(羽◎)

東京6R◎カンパーニャ(羽過去に推奨)

東京9R◎ミチビキ(オトナ◎)

東京11R◎クラシックメタル(羽◎オトナ◎)

内容もほぼ同じだった…

 

 

まあこれは誰がどう見ても、言い逃れはできないと思う。

でもツイッターを拝見して、私を信頼していただいていることはかなり伝わった。

 

 

私の目標は

"私のコラムが楽しみで週末が待ち遠しくなるようなコラムを書くこと"

 

 

私が競馬を好きになった背景にとある競馬予想コラムとの出会いがあった。

そのコラムのおかげで競馬の予想の楽しさやこんな予想の仕方があるのか!とたくさん学んできた。

その競馬コラムを読むのが楽しみで楽しみで週末を楽しみで仕方がなかった。

そのコラムが連載終了した時に、自分が書こうと思ったのが当コラムの始まり。

 

 

だから参考にしていただけるのは非常に嬉しいし、しっかり読んでくれているのは感謝している。

ただそのような形で参考にしていただくのはやめていただければと思う。

鳴尾記念『直線先頭フランケル』

ダービーも終わって、今週から新馬戦が始まります。
今回は新馬戦2鞍を推奨しています。
馬券が全てという方も多いかもしれませんが、”新馬戦からダービーまで”エンターテイメントとして2歳馬を眺めることも非常に面白いので、こんな馬がいるんだ程度で見てもらえれば幸いです。

 

阪神11R 鳴尾記念
◎タニノフランケル 自信度★☆☆☆☆
○メールドグラース
▲ギベオン
競馬は逃げ馬が圧倒的に有利。不利を受けることも少ないし、脚を余すことも少ないし、経済コースを通れることも多い。
2019年1月から現在までの逃げ馬の成績はのべ1506頭のデータから、勝率19.7%、複勝率39.9%、単回率194%、複回値132%だった。
実は逃げ馬の単勝を買ってるだけで馬券はプラスになるのだが、どの馬が逃げるのかが分からないのが難しいところ。
ちなみに武豊騎手が逃げると、大御所を前に他の騎手は逃げ馬を潰しにいかないというのは暗幕のルール。ゆえに今年の武豊騎手の逃げ馬は勝率52.6%、複勝率60.5%、単回率211%、複回率108%と驚異的。推奨したアポロノシンザンやジャスパープリンス、ヒロシゲゴールドなんかもそう。GIではフェブラリーSのインティもそう。
今回武豊騎手が乗るのは逃げ馬タニノフランケル。タニノフランケルを強いと思ったことはないが、同馬は2回連続で馬券外に敗れたことはないようにしっかり巻き返すタイプ。
馬券は単勝馬連2点で組む。

 

 

東京11R スレイプニルS
◎クラシックメタル 自信度★★☆☆☆
東京ダート2100m【1-1-1-0】の同馬。
本質的に道悪が苦手な馬だけに重馬場の総武Sで躓きながら3着は褒めていい。
良馬場や得意コースで真価を発揮するスペシャリストなだけにここは絶好の買い時。
相手は5.9.4.11.2.15.13.6.10.の順に評価し、馬連流しと3連複フォーメーション◎-5.9-各相手で組む。

 

東京5R 2歳新馬
◎タイムマシン 自信度★☆☆☆☆
ネオユニヴァースは母父として優秀。
下の予想で触れるウラノメトリア、クロスパールもそう。
自分は人気のない馬をPOG指名するのが好きなのでタイムマシンの全兄ニューポートをひっそり指名していたが、しっかり勝ち上がってくれた。
手塚厩舎×馬主馬場幸夫は朝日杯勝ち馬アジアエクスプレスを筆頭に13頭中9頭が勝ち上がっている組み合わせ。
単勝を買う。

 

阪神5R 2歳新馬
◎リアアメリア 自信度★★★☆☆
人気で買えたものではないと思うが、調教でかなり動いておりおそらく本物。
中内田厩舎の所属馬で、同厩舎の先輩ダノンファンタジー新馬戦開幕日デビューから阪神JFを制覇。今年も中内田厩舎から開幕日デビューさせることにダノンファンタジーと被らせてしまう。いや、動きからもダノンファンタジー以上ではないか?
昨年はダノンファンタジーを東上させグランアレグリアにぶつけて新馬戦を落としたが、今年は落とすことのないように阪神デビュー。
相手はラヴォアドゥースで良いはず。馬単1点で買う。

 

阪神3R 3歳未勝利
◉ウラノメトリア 自信度★★☆☆☆
5ヶ月ほど待った待望の初ダート。母ミクロコスモスは阪神JF3着、芝4勝馬だが、母の全弟ウェスタールンドは昨年のチャンピオンズC2着馬。ウラノメトリアの半兄アンティノウスはダート4勝馬しているようにダートもいける血統。いや、ダートでこそな血統。
ルーラーシップは芝ダートもいける種牡馬で父と牝系からこの初ダートは買える。芝で先行できたスピードは魅力的。
単勝複勝で組む。

 

東京1R 3歳未勝利
◎クロスパール 自信度★★☆☆☆
新馬戦でも推奨した(9番人気2着)が、勝ち馬が強すぎた。勝ち馬オーヴァルエースは寒椿賞、ヒヤシンスSと連勝。9馬身差をつけられてしまったが、スタートダッシュが全くつかなかった点と牡馬との混合戦だったこと、2馬身先着した3着馬が未勝利を勝っていることを考えれば牝馬限定の未勝利戦くらいは勝てる馬。
単勝と相手は4.3.6.12で馬連、三連複を組む。

 

 

ーーーーーーーーーー
阪神12R
◎フローリン
戦ってきた相手からも500万下は余裕。単勝3倍つくなら買いたいが.......